JunjiNagata一覧

白髪染めトリートメントの色選びは大事!

白髪染めトリートメントの色選びは大事です!
いきなり失礼しました。

染毛剤と言われる白髪染めの場合は、好きな色を選べば良いので、色選びはあまり重要ではありません。

ですが、白髪染めトリートメントの色選びは大事です!

白髪染めトリートメントは今の髪色に近い色を選ぶ!

白髪染めトリートメントの色選びのポイントは、今の髪の毛の色に近い色を選ぶのがポイントです!

さらに、今の髪の毛の色に近くて濃い色を選ぶ必要があります。

今より明るい色を選んではいけません。今の髪の毛の色より明るい色を選んでしまうと、染まるのは白髪だけですので、キレイに染めることができません。

どうしてこのようなことが起こるのか、詳しい理由について解説していきますね。

白髪染めトリートメントで今の髪色より濃い色を選ぶ理由

では、どうして白髪染めトリートメントの場合、今の髪色よりも濃い色を選ぶ必要があるのでしょう?それは、白髪染めの仕組の違いとなります。

 

染毛剤の白髪染めの仕組み

まずは染毛剤の白髪染めの仕組みついてご紹介します。

染毛剤は、髪の毛のキューティクルを開きます。そして、髪の色素を抜きます。脱色ですね。

その後、開いたキューティクルから染毛剤を入れて髪の毛の内部から色を入れていきます。

一度色を脱色しますので、今の髪の毛の色は関係なく、染毛剤の色に染めることができます。しかも、髪の内部に色を入れているため、色持ちが良くなります。

白髪染めトリートメントの白髪染めの仕組み

白髪染めトリートメントは、キューティクルも開きませんし、脱色もしません。

基本的に髪の毛の表面に色を塗るイメージです。なので、今の髪の毛の色より明るい色を染めようとしても目立たないです。

実際は髪の毛に色がついているのですが、元の髪の毛の色により目立たないのです。

例えば、黒い髪に茶色のペンで色を塗っても目立ちませんよね?

これと同じで黒い髪の毛に茶色の白髪染めトリートメントを塗っても目立ちません。染まるのは白髪部分だけですので、ムラができてしまうのです。

染毛剤の方が好きな色にできて良いのでは?

染毛剤の方が自分の好きな色に染めることができるので良いのではと思うかもしれません。

ですが、染毛剤はキューティクルを開くことで髪の毛が傷みます。ものすごく傷みます。
さらに、強い成分が配合されていますので、頭皮がかゆくなったりただれたりするリスクもあります。

染毛剤には、ジアミンなどの強い成分が入っていますのでアレルギーのある方はものすごく危険です。

これに対して、白髪染めトリートメントは、髪に優しい成分しか入っていません。

なので、髪の毛も傷まないし(むしろ、トリートメント効果でキレイになります)、敏感肌の方でも使える可能性が高いです。

このように染毛剤と白髪染めトリートメントは、メリットとデメリットがありますので、どちらを優先するかで選ぶものが変わってきます。

私のおすすめは、私自身が使っている白髪染めトリートメントです。

気軽に染められますし、回数を重ねることでしっかりと満足のいく染め上がりを実感できています!

以上のことから、白髪染めトリートメントを使う場合は色選びが大切になってきます。

良い白髪染めトリートメントとして、色の種類が豊富にあるということも大切なポイントになります。色が豊富な白髪染めトリートメントはルプルプなのですが、最近の私のお気に入りはこちらのマイナチュレカラートリートメントです!

>>マイナチュレ白髪染め 口コミ

 


クロエベールは値段の価値がある白髪染め?

クロエベールは、もっちり泡でトリートメント効果が期待できる白髪染めです。
せっかく白髪染めしても、髪にダメージを与えて、パサパサでは余計に老けて見られちゃいますよね?

クロエベールはたっぷり成分

クロエベールは、8種の海藻エキスと植物原料、ツバキやシルクに米ぬかや黒大豆など、たっぷり20種類以上の美髪成分が配合されています。

クロエベールは、白髪を染めるだけじゃなく、傷んだ髪を補修してくれる効果まで期待できる贅沢な美髪パック白髪染めです!

また、クロエベールを髪に馴染ませる場合、乾いた髪に使うのが基本です。

そのため、液ダレの心配もありませんのでお部屋で白髪染めすることができるのが特徴ですお部屋で白髪染めできると、待ってる間にスマホを見たり、テレビを観たり、読書をしたりと有効に時間を使うことができます。

そもそも、髪が濡れている状態というのはキューティクルが開いてしまい、刺激に弱くなった状態です。

なので、乾いた状態で白髪染めする方が髪へのダメージも抑えらえるのです。

クロエベールには、髪に負担をかけずに成分を届ける浸透技術、独自の新技術により、プラチナナノコロイドを加水分解シルクでコーティングしたキューティクルをコーティングする成分「エルテナ」が配合されています。

さらに、九州の一部の地域にだけ自生するスイゼンジノリから発見された、ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ天然成分の「サクラン」が配合されているため、より艶やかでキレイな染め上りを実現できます。

クロエベールは使い方も簡単

クロエベールの使い方はめっちゃ簡単です。髪全体にクロエベールの泡を馴染ませた後、10分ほど放置するだけできれいに染まります。

さらにクロエベールは使えば使うほど、よりしっかりと白髪を美しく染め上げてくれます。

髪の毛や頭皮にやさしい染料を使用しています。

そのため、毎日使っても良いぐらいです。実際には毎日使う必用はなく、1~2週間に1回使えば十分です。

クロエベールは、1回の使用で約100グラム使います。髪の長さや1回の使用量により異なりますが、例えばショートヘアなら1缶で4~5回使用することができます。

また、クロエベールは白髪染め独特の嫌なニオイもしません。ラベンダーと柑橘アロマのとっても癒してくれる香りです。

白髪染めは浴室や洗面台が汚れないかと心配されがりですが、クロエベールなら浴室や洗面台についてしまっても、さっと洗い流せば汚れが落とせます。

色は落ち着いた濃いめのブラウンのダークブラウンの2種類です、ちょっと色の種類は少ないかな~と思います。

クロエベールで白髪を染めながら、髪がキレイで潤いを保つことができます。ぜひこの効果を実感してみて下さい。

もし、旦那さん用の白髪染めならルプルプの方が良いかもしれません。

>>ルプルプは男性も使える?

 


ルプルプは良い?悪い?実際に使ってみた!

今まであまり意識していなかったのですが、何気なく鏡を見ていると自分の髪の毛に白髪が目立つことに気づきました。

まじっ!?やば!?
すぐに対応策を探したのですが、手っ取り早く白髪を対策するには白髪染めが良さそうですね。

そんな中でも一番良さげと思ったのが「ルプルプ」です!
結構人気のトリートメントタイプの白髪染めです。

ということで、今回はルプルプについて私が実際に使ってみた感想や口コミなどの情報をお届けしていきます。

ルプルプは楽天市場でも人気の白髪染め

ルプルプは、楽天市場の白髪染め部門1位の人気商品です。
かなり前から人気独占状態ですので、それだけでも安心して使うことができると思います。

ルプルプは、芸能人の愛用者も多いようなので、好きな芸能人が使用しているという理由で購入する方もいるようです。

ルプルプに配合されている成分に、シオノギ海藻エキスがあります。
これは、製薬会社として有名なシオノギが研究開発しているという経緯から配合されている成分のようです。有名な製薬会社が開発しているのは安心ですね。

ルプルプには悪い点はない?

人気のルプルプですが、悪い点はないのでしょうか?

そうですね~。正直言ってこれと言った悪い点はないんですよね~。実際に私も使っているのですが、ほとんど不満はありません。

しいてあげるとすると「染まるまでの時間がちょっと長いかな?」という点です。

あなたが想像する一般的な白髪染めは、脱色して色を入れるタイプですよね?このような白髪染めの場合、1回でもしっかり色が入ります。

ルプルプの場合は、脱色せずに髪の毛を表面と少し内部を染める方式です。

そのため、1回でしっかり染めるのではなく、複数回使って徐々に染めていくという方式です。これは、ルプルプだけではなく、トリートメントタイプの白髪染め全般の特徴です。

そのため、ルプルプの染まるまで時間がかかるというのは、デメリットというよりトリートメントタイプの白髪染めの特徴です。

ルプルプの特徴を把握したうえで使用することでデメリットにはならないと思います。

ルプルプは髪にやさしい!

脱色する白髪染めは、1回でしっかり染まる反面、大きなデメリットがあります。

それは、髪や頭皮への強い刺激です。

ジアミン等のかなりリスクのある成分が配合されていますので、アレルギーのある方は特に注意が必要です。

その点、ルプルプの場合はジアミン等の危険な成分は一切配合されていません。
そのため、ルプルプは使えば使うほど髪がツヤツヤになるというメリットがあるのです。

従来の白髪染めの場合は、使えば使うほど髪がパサパサになってしまうため、せっかく白髪を染めても結局老けて見えてしまうという悪循環でした。

ルプルプの場合は、使えば使うほど髪がツヤツヤになりますし、髪にやさしい成分しか配合されていませんので、短いスパンで使うことができます。

ルプルプなら生え際白髪もしっかり染まる

従来の白髪染めは、強い成分が配合されていますので、最低でも1ヶ月は間隔をあける必要があります。

そのため、1回でしっかり染めるとはいえ、2週間もすると生え際白髪が目立ってきてしまいます。

ルプルプなら、毎日使っても問題ありませんので、生え際白髪もしっかり染めることができます。実際には、1~2週間に1回の使用で十分に効果を実感できると思います。

ルプルプには、美容成分が94パーセントも配合されています。ほとんどトリートメントと言っても良いかなと思います。

また、ルプルプは、ラベンダーやローズマリー・オレンジを合わせた優しい香りがするため、白髪染めでよくある嫌なニオイが苦手な方でも問題ありません。

ルプルプは、公式サイトで購入することで初回限定ですが1000円以上も安く購入することができます。

もし、白髪染めを探しているという方は、まずはルプルプを試してみることをおすすめします!

白髪染めの合う合わないは、個人差がありますが、これだけ多くの方が満足しているルプルプならあなたも満足できると思います!

>>ルプルプの口コミ

 


グローイングショットカラートリートメントはアレルギー大丈夫?

最近では、美容院でのカラーリングの施術に加えて自宅で簡単に白髪を染めることができるケア用品が販売されており、毎日の洗髪後に白髪に塗付して放置時間をおいて洗い流すだけで徐々に白髪を目立たなくなります。

そのため、生え際や根元の白髪が目立った時に気軽に使用することができるのが魅力となっています。

しかし、中には気になる白髪をカバーすることはできても、使用時や使用後にアレルギー反応が出てしまい頭皮や髪の毛に様々なトラブルを起こしてしまうこともあるでしょう。

セルフケアの白髪染めを購入する際には、仕上がりや手軽さなどを考慮することも大切ですが、配合されている成分にも着目してアレルギーの症状が出やすいものが含まれていないかをチェックしていくことも大切です。

グローイングショットのカラートリートメントはポーラ製

グローイングショットのカラートリートメントは、大手美容メーカーの「ポーラ」から販売されているヘアカラートリートメントで、髪の外側と内側の両方を独自が開発した「Wピグメント処方」で白髪を染め上げていきます。

ポーラオリジナルエキスである「黒米エキス」が配合されているので、たんぱく質やミネラルを補うことができるために髪の毛に艶やコシを与えてくれるのもメリットです。

配合されている成分は、どれも低刺激のものばかりなのでアレルギーの心配はありません。
安心して毎日使用することができるでしょう。

グローイングショットの価格は、内容量が200gで「3000円程度」と同じような白髪染めカラートリートメントと比べるとコストは高めではありますが、確かな効果を実感することができます。

グローイングショットの購入

購入には、ポーラの公式サイト以外でもネットの通販ショップでも可能となっています。
気になる白髪をカバーしながら、髪や頭皮にも良い影響を与えることができる「グローイングショット」を使用して年齢による髪の毛の悩みを解決していきましょう。

白髪をカバーすることで、見た目年齢を若くすることもできるかもしれません。

グローイングショットカラートリートメント


ルプルプは白髪染めナンバー1の人気!

現在日本では、多くの人が白髪染めをしています。白髪染めには様々な種類があります一番多いのが、ヘアカラータイプの白髪染め。美容室で行われる最もメジャーな白髪染めです。

綺麗に染まる反面、ダメージを負うというデメリットもありますので、長く続けるのはあまりおすすめできません。

現在注目を集めているのは、自宅でできるトリートメントタイプの白髪染めです。トリートメントをしながら白髪を染めるという非常に便利なアイテムです。美容室に通う手間がなく、使い始める人も多いようですね。

そんな白髪染めトリートメントの中でも、特におすすめなのが「ルプルプ」です。

ルプルプは、綺麗に染まるのにダメージがゼロ。むしろ使うたびに髪の毛に光沢が生まれ、天使の輪までできたという人もいます。手触りも変わり、扱いやすくなります。白髪が染まるのに、髪の毛が綺麗になるなんて、嬉しいですね。他にはない白髪染め、それがルプルプです。

そんなルプルプは、今や口コミでも白髪染めトリートメント人気ナンバー1の人気を誇ります。今までの白髪染めは一体何だったのか?誰もがそう感じる仕上がりに、きっとあなたも大満足のはずです。

人気ナンバー1の白髪染めを、ぜひあなたも実感してみてください。

>ルプルプ口コミ


マイナチュレカラートリートメントの方がルプルプよりおすすめな理由とは?

白髪を染める方法にも色々な種類がありますが、特に人気となっているのは髪や頭皮に優しく、ダメージケアをしながら白髪を目立たなくするカラートリートメントです。ドラッグストアでも多くの種類が販売されていますが、通販限定にも良い商品がありますので、こちらも注目してみましょう。

マイナチュレやルプルプは人気が高い

特にマイナチュレやルプルプは人気が高くおすすめの商品です。

どちらを選ぶかで悩んだ場合は、まずはそれぞれの特徴を確認してみましょう。ルプルプは古くから使われている植物由来の染料が使われており、手についてもすぐに石鹸できれいにすることができます。カゴメ成分フコイダンが使われているのもこの商品の特徴で、髪や頭皮をしっかりと保護してくれます。

美容成分も豊富に含まれており、ダメージケアもしっかりと行えます。しかも無添加なので肌の弱い人にも安心して使えるのではないでしょうか。

マイナチュレは無添加で安全性が高い

マイナチュレも無添加の安全性の高い商品で、44種類もの植物性原料がたっぷりと配合されています。髪や頭皮に優しくありながらもしっかりと染まることでも人気です。

いずれの商品も公式サイトから通販で購入することができ、しかも定期便も用意されていますので、毎回の注文の手間がなくお得な割引を受けることもできます。いずれの商品も価格も大きな差はありません。

いずれの商品も人気ですが、よりおすすめなのはマイナチュレという意見も多くなっています。その理由としては、髪を染めながらダメージケアやエイジングケア、スカルプケアが同時に行えるということがあげられます。

いずれの商品もアレルギーテストやパッチテスト済みで安全性の高い商品ですが、それでも万人に合うとは限りません。

購入したものの使えなかったというのは残念なことですが、マイナチュレは30日間の全額返金保証が用意されていますので、初めての人も安心して申し込むことができます。

より安心して使うならマイナチュレを選んでみてはいかがでしょうか。

マイナチュレカラートリートメント

 


クロエベールはお部屋でも使えて効果的!

白髪が気になり始めると、まずは自宅で白髪染めをしたいと思う方が多いのではないでしょうか。でも多くの白髪染めはお風呂で使うものが多く、使う場所や時間が決められているので気軽に使えないという声がたくさんあります。

特に初めて白髪染めを使いたいと思っている場合は、面倒くさくて諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そのような方におすすめなのが、マイケアのヘアカラートリートメント「クロエベール」です。

こちらの白髪染めは泡タイプなので、洗髪前の乾いた髪に10分間なじませるだけという手軽さで白髪を染めることができます。ぷるぷるの濃密な泡が髪を包み込むので、液ダレしにくいことが特徴です。

お風呂で10分待つのは長いですが、例えばお部屋で入浴前の髪になじませてシャワーキャップを被ったまま、スマホを見たりちょっとした家事を済ませてからお風呂に入るという使い方もできます。時間を効率的に使えることがメリットです。

 

「クロエベール」には、毛髪浸透成分のヘアケアキューブが採用

「クロエベール」には、毛髪浸透成分のヘアケアキューブが採用されています。キューティクルとその間にる細胞被膜合体に作用して、髪に負担をかけることなく、染料成分を毛髪の内部までしっかり届けてくれる技術です。この技術によって、短時間でも生え際や根元までムラなく美しく染まります。

市販の染料剤には、よく頭皮の負担となるジアミンや酸化染料・シリコン・酸化剤・合成香料などが使われています。これらは頭皮の負担となる成分なので、あまりおすすめできません。でも「クロエベール」は化学剤無添加にこだわり、アカミノキ・紫根・クチナシなどの髪や頭皮にやさしい天然色素が使われているので、安心して使えます。

また白髪染めは髪が傷むという方も多いようですが、「クロエベール」には髪をいたわりながらキレイに染める有効成分が配合されています。そのひとつがサクランという新素材です。サクランは九州の一部にのみ自生する希少な藻スイゼンジノリから抽出される天然のうるおい成分で、ヒアルロン酸の10倍以上の水分を蓄積するという特長があります。網目状の組織で構成されているサクランは、頭皮全体をネットのように覆って、地肌をダメージから守ってくれるのです。

キューティクルを保護して髪のまとまりを良くする成分も配合されているので、白髪を染めながら美しい髪へと導いてくれます。

髪を守りながらキレイに白髪を染めることができる「クロエベール」は、お部屋でも使える効果的な白髪染めです。白髪を自宅で手軽に染めたい方や初めての白髪染めを探している方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

>>クロエベール 口コミ

 


【男性の白髪染め】短い白髪が染まらない!?

男性も白髪が気になります。

そんな私も男性ですが白髪が気になります。特にサイドはかなり短く刈ってあるのですが、白髪の量がかなりのものです。

今までは、液状の白髪染めを使っていたのですが、サイドを塗るときに薬剤が飛び散ってしまいます。

ちょっと気にはなっていたのですが、自分の家でしたのでまーいいかという感じで白髪染めを使っていました。

ところが、最近引っ越して賃貸に住んでいます。だから、さすがに白髪染めを壁に飛び散らさえるわけにはいきません。

困ったなーって思っていたところ、良い白髪添めを見つけました!

短い白髪を染めるコツってあるの?

ショートヘアの人は、色々な白髪染を試してみた結果、どれも染めにくく色が入りにくいという経験をしたことはあると思います。

短くても白髪をしっかりと染めることができる商品を探すのは、色々なものを試してみないと実際わからないものです。

そこで、おすすめしたい商品は、利尻ヘアカラートリートメントという白髪染です。長い髪はもちろんのこと、短い髪でも染まるのでとても人気のある商品です。

また、ヘアカラートリートメントなので、髪へのダメージも気にならないのも魅力の一つに感じます。

それでも、染まりが悪いと感じる人は、待ち時間を長く確保してみましょう。髪や頭皮に優しいので、待ち時間が長くても気にならないと思います。

そこでポイントなのが、乾いている髪に直接塗るのがポイントです。乾いている髪に塗り、シャンプーで洗い流したあとにもう一度塗ると、しっかりと色を入れることができ、短い髪でも色が入りやすくなるようです。

急いでいるときは難しいと思いますが、時間に余裕のあるときに染めてみましょう。短い髪でもしっかりと色が入ると、気持ちが良いものです。

市販されている白髪染は、髪や頭皮にダメージがかかりやすく、できるだけ待ち時間を短くさせたいので、上手く染めることができないという人も多いようです。

色が入るだけではなく、髪や頭皮にも優しいので、利尻ヘアカラートリートメントを利用してみると良いでしょう。

また、男性の場合、サイドが超短いという場合があると思います。この場合、すぐに延びてしまい、すぐにカットするためトリートメントタイプの白髪染めでは追いつかない状態です。

そこで、そんな方におすすめなのががムースタイプの白髪染めです。飛び散る心配もありませんし、一度でしっかり染まります。

これはいい感じです!しかも、髪にやさしく頭皮にも優しいためいい感じです!

 


男子中学生の白髪対策!

近年、若い世代でも白髪に悩みを抱えている人が多く、
中学生でも白髪に悩みを抱える人が増えているようです。

髪を染めることは禁止されていますが、
白髪が原因でいじめの対象になることも考えられます。

年頃の子供を持つ親は、色々と考えないといけないのかもしれません。
白髪にコンプレックスを感じて学校へ行きたがらない子もいるともいます。

そのような場合には、こちらの意思をしっかりと学校側に伝えることが大切です。
おしゃれ染ではなく、白髪染の黒であれば、きっと染めても問題はないと思います。

担任の先生だけにでも了解を得て、白髪対策をしてあげることが大切だと思います。
子供はどのように解決すればよいのかわからず、
ただ心を閉ざしたままになっていると思います。

しかし、自分のコンプレックスを解消することができれば、
明るい性格を保ち、楽しい学校生活を送ることができるようになると思います。

大人であれば好きな色に染めることができますが、中学生となるとそうはいきません。
市販されている白髪染も良いと思いますが、
髪に優しい利尻ヘアカラートリートメントもおすすめ商品です。

若い時から髪を染め始めると、髪や頭皮への負担も掛かるようになり、
より一層白髪が増えている一方だと思います。

それに付け加え、薄毛にも悩まされることになるので、
若いうちからダメージの少ない白髪染を利用することが大切なポイントだと思います。


【若白髪の悩み】中学生でも白髪染めは使って良いの?

学生なのに染めても大丈夫だろうかと白髪染めに抵抗がある方も多いと思います。

確かに一般的なおしゃれ染めと呼ばれる派手な毛染めは(たとえば芸能人やミュージシャンのような金髪や赤い髪の毛など)禁止されていると思います。しかし、白髪染めは自然な髪の色をとり戻すために行うことですので問題ないはずです。

逆に白髪でいっぱいの頭のままで登校する方が周囲にからかわれたりすることもあるのであまりおすすめできません。

昔は白髪染めというとヘアダイと呼ばれるような頭皮にビリビリしみたり、髪の毛が傷んでしまうものが多かったのですが、最近ではそういった強い薬剤を使わないトリートメントタイプの白髪染めがたくさん販売されています。

ヘナも髪の毛に優しいということで有名ですが、染めるのが少し難しいので学生さんには少し不向きかもしれません。毛染めに慣れていない方でも気軽に使える利尻ヘアカラートリートメントをおすすめします。

白髪染め特有のツンとした嫌なにおいもありませんし、アレルギーの原因となるジアミンという化学染料も使っていません。

乾いた髪の毛に塗ったり、塗ったあとシャワーキャップをかぶるなど少しコツはいりますが美容院に通うほどのコストはかかりませんし、少しずつ色が入っていくマニキュアなので見た目の印象もいいと思います。
一回で染めるわけではないのですが、髪の毛や地肌に優しく、快適にお使いいただけるはずです。

また、中学生ぐらいで部活をやっていると、ある程度筋力が必要になってきます。
筋力はただただがんばるだけではうまくいかなくて、効率よくつけていく必要があります。