白髪染め一覧

【男性の白髪染め】短い白髪が染まらない!?

男性も白髪が気になります。

そんな私も男性ですが白髪が気になります。特にサイドはかなり短く刈ってあるのですが、白髪の量がかなりのものです。

今までは、液状の白髪染めを使っていたのですが、サイドを塗るときに薬剤が飛び散ってしまいます。

ちょっと気にはなっていたのですが、自分の家でしたのでまーいいかという感じで白髪染めを使っていました。

ところが、最近引っ越して賃貸に住んでいます。だから、さすがに白髪染めを壁に飛び散らさえるわけにはいきません。

困ったなーって思っていたところ、良い白髪添めを見つけました!

短い白髪を染めるコツってあるの?

ショートヘアの人は、色々な白髪染を試してみた結果、どれも染めにくく色が入りにくいという経験をしたことはあると思います。

短くても白髪をしっかりと染めることができる商品を探すのは、色々なものを試してみないと実際わからないものです。

そこで、おすすめしたい商品は、利尻ヘアカラートリートメントという白髪染です。長い髪はもちろんのこと、短い髪でも染まるのでとても人気のある商品です。

また、ヘアカラートリートメントなので、髪へのダメージも気にならないのも魅力の一つに感じます。

それでも、染まりが悪いと感じる人は、待ち時間を長く確保してみましょう。髪や頭皮に優しいので、待ち時間が長くても気にならないと思います。

そこでポイントなのが、乾いている髪に直接塗るのがポイントです。乾いている髪に塗り、シャンプーで洗い流したあとにもう一度塗ると、しっかりと色を入れることができ、短い髪でも色が入りやすくなるようです。

急いでいるときは難しいと思いますが、時間に余裕のあるときに染めてみましょう。短い髪でもしっかりと色が入ると、気持ちが良いものです。

市販されている白髪染は、髪や頭皮にダメージがかかりやすく、できるだけ待ち時間を短くさせたいので、上手く染めることができないという人も多いようです。

色が入るだけではなく、髪や頭皮にも優しいので、利尻ヘアカラートリートメントを利用してみると良いでしょう。

また、男性の場合、サイドが超短いという場合があると思います。この場合、すぐに延びてしまい、すぐにカットするためトリートメントタイプの白髪染めでは追いつかない状態です。

そこで、そんな方におすすめなのががムースタイプの白髪染めです。飛び散る心配もありませんし、一度でしっかり染まります。

これはいい感じです!しかも、髪にやさしく頭皮にも優しいためいい感じです!

 


【若白髪の悩み】中学生でも白髪染めは使って良いの?

学生なのに染めても大丈夫だろうかと白髪染めに抵抗がある方も多いと思います。

確かに一般的なおしゃれ染めと呼ばれる派手な毛染めは(たとえば芸能人やミュージシャンのような金髪や赤い髪の毛など)禁止されていると思います。しかし、白髪染めは自然な髪の色をとり戻すために行うことですので問題ないはずです。

逆に白髪でいっぱいの頭のままで登校する方が周囲にからかわれたりすることもあるのであまりおすすめできません。

昔は白髪染めというとヘアダイと呼ばれるような頭皮にビリビリしみたり、髪の毛が傷んでしまうものが多かったのですが、最近ではそういった強い薬剤を使わないトリートメントタイプの白髪染めがたくさん販売されています。

ヘナも髪の毛に優しいということで有名ですが、染めるのが少し難しいので学生さんには少し不向きかもしれません。毛染めに慣れていない方でも気軽に使える利尻ヘアカラートリートメントをおすすめします。

白髪染め特有のツンとした嫌なにおいもありませんし、アレルギーの原因となるジアミンという化学染料も使っていません。

乾いた髪の毛に塗ったり、塗ったあとシャワーキャップをかぶるなど少しコツはいりますが美容院に通うほどのコストはかかりませんし、少しずつ色が入っていくマニキュアなので見た目の印象もいいと思います。
一回で染めるわけではないのですが、髪の毛や地肌に優しく、快適にお使いいただけるはずです。

また、中学生ぐらいで部活をやっていると、ある程度筋力が必要になってきます。
筋力はただただがんばるだけではうまくいかなくて、効率よくつけていく必要があります。