白髪染めトリートメント一覧

白髪染めトリートメントの色選びは大事!

白髪染めトリートメントの色選びは大事です!
いきなり失礼しました。

染毛剤と言われる白髪染めの場合は、好きな色を選べば良いので、色選びはあまり重要ではありません。

ですが、白髪染めトリートメントの色選びは大事です!

白髪染めトリートメントは今の髪色に近い色を選ぶ!

白髪染めトリートメントの色選びのポイントは、今の髪の毛の色に近い色を選ぶのがポイントです!

さらに、今の髪の毛の色に近くて濃い色を選ぶ必要があります。

今より明るい色を選んではいけません。今の髪の毛の色より明るい色を選んでしまうと、染まるのは白髪だけですので、キレイに染めることができません。

どうしてこのようなことが起こるのか、詳しい理由について解説していきますね。

白髪染めトリートメントで今の髪色より濃い色を選ぶ理由

では、どうして白髪染めトリートメントの場合、今の髪色よりも濃い色を選ぶ必要があるのでしょう?それは、白髪染めの仕組の違いとなります。

 

染毛剤の白髪染めの仕組み

まずは染毛剤の白髪染めの仕組みついてご紹介します。

染毛剤は、髪の毛のキューティクルを開きます。そして、髪の色素を抜きます。脱色ですね。

その後、開いたキューティクルから染毛剤を入れて髪の毛の内部から色を入れていきます。

一度色を脱色しますので、今の髪の毛の色は関係なく、染毛剤の色に染めることができます。しかも、髪の内部に色を入れているため、色持ちが良くなります。

白髪染めトリートメントの白髪染めの仕組み

白髪染めトリートメントは、キューティクルも開きませんし、脱色もしません。

基本的に髪の毛の表面に色を塗るイメージです。なので、今の髪の毛の色より明るい色を染めようとしても目立たないです。

実際は髪の毛に色がついているのですが、元の髪の毛の色により目立たないのです。

例えば、黒い髪に茶色のペンで色を塗っても目立ちませんよね?

これと同じで黒い髪の毛に茶色の白髪染めトリートメントを塗っても目立ちません。染まるのは白髪部分だけですので、ムラができてしまうのです。

染毛剤の方が好きな色にできて良いのでは?

染毛剤の方が自分の好きな色に染めることができるので良いのではと思うかもしれません。

ですが、染毛剤はキューティクルを開くことで髪の毛が傷みます。ものすごく傷みます。
さらに、強い成分が配合されていますので、頭皮がかゆくなったりただれたりするリスクもあります。

染毛剤には、ジアミンなどの強い成分が入っていますのでアレルギーのある方はものすごく危険です。

これに対して、白髪染めトリートメントは、髪に優しい成分しか入っていません。

なので、髪の毛も傷まないし(むしろ、トリートメント効果でキレイになります)、敏感肌の方でも使える可能性が高いです。

このように染毛剤と白髪染めトリートメントは、メリットとデメリットがありますので、どちらを優先するかで選ぶものが変わってきます。

私のおすすめは、私自身が使っている白髪染めトリートメントです。

気軽に染められますし、回数を重ねることでしっかりと満足のいく染め上がりを実感できています!

以上のことから、白髪染めトリートメントを使う場合は色選びが大切になってきます。

良い白髪染めトリートメントとして、色の種類が豊富にあるということも大切なポイントになります。色が豊富な白髪染めトリートメントはルプルプなのですが、最近の私のお気に入りはこちらのマイナチュレカラートリートメントです!

>>マイナチュレ白髪染め 口コミ